読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードディスクのクローニング 

Cドライブの残り容量がないとの連絡を受け、

チェックしに行くと、なんと残り数十メガバイトしかない。

 

もともとのHDの大きさも70Gと少なめなので、

2TのHDを購入し、クローンを作成して、Cドライブの容量を広げることにしました。

 

HDが届いたので、現物のPCを開けてみると、

Seriala ATA のポートに空きがない。

ポートどころか、電源にも空きがない。

DELL製の古いPCです。

 

まずは電源確保。

同型のPCがあったので、開けてそちらのHDの電源を外して使う。

次に、e-SerialATAと書いてあるポート(差し口はSerialATAと同じ)があったので、

差してみる。認識しない。

DVDドライブを外して、そこに差してみる。認識しない。

 

そこで再起動を繰り返すうちに、間違えて電源をもらっているPCの電源ボタンを押してしまいましたが、

そちらはモニタにつながっていないので放置。

もう一度、懸案のPCを起動して、ディスクの管理を見ると!

認識していました。

 

どうも、電源をいれていないと、ハードディスクに電源が供給されない?ような気もしました。もしかすると、電源をもらっている方のPCの電源を入れていれば、

e-SerialATAと書いてあったポートでも認識したのかもしれませんね。

 

ソフトでクローンを作成し、ハードディスクを丸ごと交換して、

再起動すると、問題なし。

 

しかし、設置してもう一度再起動すると、ロゴの画面でストップ!

メモリ抜き差し、電源を抜いて電源ボタン長押し等、

繰り返すうちに起動するようになりました。