Visual Studio 2017 VB.NET で ILMerge がエラーになる。 エラーコード1

少し前までMergeできていたプロジェクトが
改修後、Mergeできなくなりました。
色々試しましたが、最終的に
Releaseフォルダ内のファイルを一度すべて削除してから、ビルドすると成功しました。

CentOS7 Samba full_audit でファイル操作のログが取れない

色々なサイトで調べてやっていたのですが・・・
どうしてもconnect と disconnect のログしか記録されません・・・・。

ふと、あるサイトを見ていると、共有フォルダの設定に書いてある?
私はglobal に書いていました。

「なお、この設定は基本的に各共有のセクションに記述する必要があります。少なくとも Samba 3.0.20 では、global セクションに記述しても機能しません。」
とのことです。
Full audit モジュールの設定例 - Samba-JP


なので、(リサイクルフォルダのある場合ですが)

[ Shared Folder]

  vfs objects = recycle full_audit

recycle:repository = .recycle
recycle:keeptree = no
recycle:versions = yes
recycle:touch = no
recycle:maxsize = 0
recycle:exclude = *.tmp ~$*

full_audit:facility = local1
#full_audit:priority = info
full_audit:prefix = %m|%u|%I|%S
full_audit:success = mkdir rmdir rename read pread write pwrite sendfile unlink
full_audit:failure = none

これでログを取得することができました。

Visual Studio 2017 エラー BC30037 文字が有効ではありません。

朝、デバックしようと思ったら、
いきなり大量のエラーが出ました。
「エラー BC30037 文字が有効ではありません。」
200個くらい出ている。
?昨日までは何ともなかったのに。

エラーウィンドウのファイルのところを見ると、AssemblyAttributes.vb とか書いてある。
コピーして貼り付けると、「C:\Users\***\AppData\Local\Temp\.NETFramework,Version=v4.6.1.AssemblyAttributes.vb
となっていました。
どうもこのファイルが壊れたようです。
Tempファイルだから、そのまま削除してもいいかな?
ということで、削除したら再生成され、エラーは消えました。

Riso X7250 で IPの設定ができない

Riso X7250 でIPアドレスを設定しておりました。
IPを192.168.1.10 に設定。
ネットマスクは
255.255.255.0
ゲートウェイ
192.168.1.1 にして確定。

しかし確認すると、なぜかゲートウェイが192.168.1.2に勝手に設定されてしまいます。
???

chrome を閉じてIEでやり直したら、うまくいきました。

HITACHI HI-D3PS  キーロック解除 

HITACHI のビジネスホン HI-D3PS の ダイヤルロックの方法と解除方法です。

ロック : F → #長押し

ロック解除 0000 (パスワード) 通話ボタン

でできます。

バッファオーバーフロー のテスト

バッファオーバーフローの実験をするにあたって
ASLRを無効にする。
sysctl -w kernel.randomize_va_space=0

PIEを無効にする。SSPを無効にする exec-shieldのセキュリティ機構を. ファイル単位で OFFにする。
gcc -fno-PIE -no-pie -fno-stack-protector -z execstack -g -o test test.c

単純なバッファオーバーフローはこれでも実現できませんが。

また、バッファオーバーフローの実験時にpython を使用する場合、pythonは2で。
実行ファイルは32ビットでコンパイルする。また、実行できるかチェックする。
WindowsUbuntuではまりました。64ビット環境で、32ビットでコンパイルした実行ファイルが、実行できません。
Centos7でやったら、動作しました。

Windows10 のファイルを CentOS7 のSamba 上に保存すると1秒、タイムスタンプが戻る

dos filetime resolution = yes これだと、奇数秒の場合、偶数秒に切り捨てられます。
 →
dos filetime resolution = no

これでも、一秒以下のところで、誤差がでていっちしなかったので
秒までの文字列をDatetimeに変換して、ミリ秒の部分を切り捨ててから比較したらうまくいきました。